兵庫県の妖怪で覚える!都道府県の地理・特産品【日本地図入り】

兵庫県にむかしから伝わるご当地妖怪日本地図とイラストで一覧表にして紹介します。
長壁姫(おさかべひめ)、お菊、豆狸(まめだ)…。あなたの知っている妖怪や伝説もあるかもしれません。妖怪といっしょに都道府県の特徴や自慢などを紹介しているので、ぜひ覚えてくださいね。

兵庫県の妖怪・伝説タイトル
スポンサーリンク

兵庫県に伝わる妖怪・伝説

長壁姫(おさかべひめ)

兵庫県の妖怪長壁姫

長壁姫(おさかべひめ)は、姫路城(ひめじじょう)の天守閣(てんしゅかく)に隠れ住むといわれる女性の妖怪。年に1度だけ城主(じょうしゅ)と会い、城の運命をつげた女神(めがみ)だと伝えられています。

お菊(播州皿屋敷伝説 ばんしゅうさらやしきでんせつ)

兵庫県の妖怪お菊

「いちま~い、にま~い…」
お菊は、井戸から現れてうらめしげに皿を数える女の幽霊(ゆうれい)です。

戦国時代のころ、青山鉄山(あおやまてつざん)が城を乗っ取るため、城主(じょうしゅ)を毒殺(どくさつ)しようとくわだてました。しかし、鉄山のたくらみを知った女中のお菊により、毒殺の計画は失敗に終わりました。

その後、大名(だいみょう)同士の大きな争いが起き、鉄山が姫路城主となりました。鉄山の家来である町坪弾四郎(ちょうのつぼだんしろう)はお菊に好意を持っていましたが、相手にされないことをうらみ、家宝の皿10枚のうち1枚を隠してお菊に罪を着せました。お菊は責め殺され、井戸に投げ込まれたといいます。

それからというもの、夜ごと井戸から悲しげな女の声で
「いちま~い、にま~い…」
と皿を数える声が聞こえるようになり、屋敷中にガラガラと皿の音が鳴りひびくようになったと伝えられています。

兵庫県の姫路城

姫路城(ひめじじょう)

姫路市にある姫路城(ひめじじょう)は、シラサギが羽を広げたような姿に見えることから「白鷺城(しらさぎじょう)」の愛称(あいしょう)で親しまれています。世界文化遺産(せかいぶんかいさん)に登録されています。

お菊が投げ込まれたとされる井戸は「お菊井戸」として今も姫路城内にあります。また、姫路城の南西に位置する十二所神社内の「お菊神社」はお菊をまつったと伝わる神社です。

豆狸(まめだ)

兵庫県の妖怪豆狸

豆狸(まめだ)は、タヌキのような小さな動物の妖怪。
お酒をつくるのがさかんな兵庫県の灘地方(なだちほう)では、酒蔵(さかぐら)にまめだという妖怪がすむと言われています。まめだは物音をまねるのが上手で、酒が吹き出るような音や玄関の戸が開く音などを立てて人をおどかすので、酒造りのころは酒蔵から目が離せないそうです。

いたずら好きのまめだですが酒造に関わる人にはあがめられ、蔵に1、2匹はまめだがすんでいないと美味しい酒は造れないと伝えられています。

日本酒(にほんしゅ)
兵庫県は、室町時代から酒造りがさかんに行われてきました。日本酒の生産量は日本一をほこります。豊かな香りやさまざまな味わいのある日本酒が人気です。

※妖怪の話はこちらに掲載されている内容と異なるものもあります。
※同じ妖怪・似た話がほかの都道府県にも伝わっている場合があります。

※妖怪のイラストはイメージです。

妖怪の都道府県一覧

タイトルとURLをコピーしました