北海道の妖怪で覚える!都道府県の地理・特産品【日本地図入り】

妖怪-北海道

北海道にむかしから伝わるご当地妖怪日本地図とイラストで一覧表にして紹介します。
コロポックル、ミンツチ、オッケルイペ、ラプスカムイ、船幽霊(ふなゆうれい)…。あなたの知っている妖怪や伝説があるかもしれません。妖怪といっしょに都道府県の特徴や自慢などを紹介しているので、ぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク

北海道の妖怪・伝説

コロポックル(コロボックル)

妖怪-北海道コロポックル

フキの葉の下に住む小人の伝説

コロポックルは、北海道のアイヌ民族に伝わる小人の伝説です。アイヌ語で「フキの葉の下に住む人」という意味で、背が低くとてもはずかしがり屋で、人前に姿を見せることはあまりありません。狩りや魚つりが上手だといわれています。

伝承によると、むかしコロポックルは十勝(とかち)にすんでいました。ときどき家の窓から中に椀や鮭の卵が置かれるので、村人は不思議がっていました。あるとき、コロポックルが窓から物を入れるために手を差し入れたのを村人が無理に引き入れました。コロポックルは無礼だとひどく怒り、一族を挙げて北の海の彼方へと去ってしまいました。以降、その姿を見ることはなくなったといいます。

北海道-アイヌ

アイヌ民族

アイヌの人々は北海道などに古くから暮らしてきた民族で、独自の言語「アイヌ語」を持ち、独特の模様をほどこした服装をしています。海や川での漁、山林での狩猟と採集を行っていました。

北海道-フキ

ラワンブキ

北海道足寄町(あしょろちょう)のらわん川に沿って自生するフキ。高さ2~3メートルと、とても大きなフキです。その味は繊細でミネラルが豊富、繊維質に富んでいます。らわんブキは北海道遺産にも指定され、大切に育てられています。

ミンツチ(ミントゥチ)

妖怪-北海道ミンツチ

魚を支配する神、ミンツチ

ミンツチ(ミントゥチ)はアイヌに伝わる妖怪で、水辺にすむ河童(かっぱ)の仲間で魚や猟(りょう)をつかさどる神です。7~8 歳の男の子の姿をしており、足が内側に曲がっています。頭にある皿に水が入っていると馬でも人でも水に引きずり込んでしまう力があるといいます。また、人間の村に遊びにくることもありますが、ときには悪さもすると伝えられています。

むかし、北海道に疱瘡神*(ほうそうしん)が渡ってきたため、たくさんのアイヌの人々が疱瘡(ほうそう)にかかり、病死しました。当時、アイヌの世界を治めていたオキクルミ神は、ヨモギを十字に結んだ草人形を作って疱瘡神と戦わせました。その草人形がミンツチになったと言われています。

石狩川(いしかりがわ)周辺の地域では、ミンツチは魚を支配する神だと言われています。ミンツチは魚をたくさん捕らせてくれますが、ときどき漁場で働く人を捕ってしまいます。困った石狩の老人達は、ミンツチに日高の方に移るよう頼みました。それからは石狩川で人が死なくなりましたが、同時に魚もあまり捕れなくなったということです。
*疱瘡神(ほうそうしん):疱瘡(=天然痘てんねんとう)という病気を神としたもの

『北海道の河童』著 金田一京助より

妖怪-北海道-石狩川

石狩川(いしかりがわ)

アイヌの言葉で「イシカラ」=屈曲の多い・「ベツ」=川と呼ばれた石狩川。昔はクネクネと曲がっていて洪水の多い川でした。そこで川の蛇行部分を短縮する直線の水路を作り、今の形になりました。石狩川は長さおよそ268km。信濃川(しなのがわ)・利根川(とねがわ)に次いで日本で3番目に長い川です。

オッケルイペ

妖怪-北海道オッケルイペ

ポアポアとオナラをする妖怪

オッケルイペ(またはオッケオヤシ)は、アイヌに伝わるオナラをする妖怪です。アイヌ語で「オナラをする者」という意味です。オッケルイペがオナラをしたとき、人も屁をしてやるとオッケルイペは恐れ入って退散すると言われています。

樺太(からふと)アイヌに伝わる話では、オッケルイペが「ポア」とオナラをし、勢いで船を破壊してしまいました。オッケルイペは若い男の姿をしており、正体は黒いキツネだったといいます。

船幽霊、舟幽霊(ふなゆうれい)

妖怪-北海道-船幽霊

船を沈めようとする幽霊船

船幽霊(ふなゆうれい)は日本全国に伝わる海上のオバケで、船を沈めようとするなどの悪さをする妖怪です。

北海道に伝わる話では、沈没したはずの船が現れ自分たちの船に平行して走りだしたといいます。なんとか港の近くまで帰ってきたところ、大音響とともに消えてしまいました。
その後、お坊さんがお経を唱えると船幽霊は現れなくなったそうです。

ユウレイ船は港へ入っても波一つたたない、安全灯が一般の船と反対になっているなどの見分け方があると伝えられています。

妖怪-北海道-釧路港

北海道の漁港(ぎょこう)

おいしい魚介類がたくさんとれる北海道。全国主要漁港の水揚げ高は、毎年北海道の漁港・釧路港(くしろこう)が上位にランクインしており、イワシやスケトウダラがよく獲れます。海に囲まれた北海道だからこそ船幽霊の伝説が残されているのかもしれませんね。
※2020年度水揚げ高は銚子港(ちょうしこう)に次いで釧路港が2位ですが、毎年、焼津港(やいずこう)と釧路港が2位の座を争っています。

ラプスカムイ

ラプスカムイは、毒気(どくけ)を吹いてくる正体不明の怪鳥です。
北海道中川郡豊頃町十弗(とうふつ)の村に住み、ラプスカムイを吹き通してくる風にあたると毒気を受けて病気などの災いがもたらされるといいます。

『杖のみたま』著 吉田巖より

※妖怪の話はこちらに掲載されている内容と異なるものもあります。
※同じ妖怪・似た話がほかの都道府県にも伝わっている場合があります。

※妖怪のイラストはイメージです。

妖怪の都道府県一覧

【合わせて読みたい】北海道の覚え方

●語呂合わせ・マンガ
●なぞなぞ・クイズ
タイトルとURLをコピーしました