北海道の妖怪で覚える!都道府県の地理・特産品【日本地図入り】

北海道の妖怪・伝説タイトル

北海道にむかしから伝わるご当地妖怪日本地図とイラストで一覧表にして紹介します。
コロポックル、ミンツチ、オッケルイペ、ラプスカムイ、船幽霊(ふなゆうれい)…。あなたの知っている妖怪もいるかもしれません。妖怪といっしょに都道府県の特徴や自慢などを紹介しているので、ぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク

北海道の妖怪・伝説

コロポックル(コロボックル)

北海道の妖怪コロポックル

北海道のアイヌに伝わる小人の伝説。
コロポックルはアイヌ語で「フキの葉の下に住む人」という意味で、背が低く、とてもはずかしがり屋で人前に姿を見せることはあまりありません。狩りや魚つりが上手だといわれています。

アイヌ
北海道などに古くから暮らしてきた民族
独自の言語「アイヌ語」を持ち、独特の模様をほどこした服装をしています。海や川での漁、山林での狩猟と採集を行っていました。

ラワンブキ
北海道足寄町(あしょろちょう)のらわん川に沿って自生するフキ。高さ2~3メートルと、とても大きなフキです。

ミンツチ(ミントゥチ)

北海道の妖怪ミンツチ

ミンツチはアイヌに伝わる妖怪で、水辺にすむ河童(かっぱ)の仲間とも言われています。魚や猟(りょう)をつかさどる神です。

むかし、北海道に疱瘡神*(ほうそうしん)が渡ってきたため、たくさんのアイヌの人々が疱瘡(ほうそう)にかかり、病死(びょうし)しました。
当時、アイヌの世界を治めていたオキクルミ神は、草人形を作って疱瘡神と戦わせました。その草人形がミンツチになったと伝えられています。
*疱瘡神(ほうそうしん):疱瘡(=天然痘てんねんとう)という病気を神としたもの

『北海道の河童』著 金田一京助より

オッケルイペ

北海道の妖怪オッケルイペ

アイヌに伝わるオナラをする妖怪。アイヌ語で「オナラをする者」という意味です。

ラプスカムイ

ラプスカムイは、毒気(どくけ)を吹いてくる正体不明の怪鳥。
北海道中川郡豊頃町十弗(とうふつ)の村に住み、ラプスカムイを吹き通してくる風にあたると毒気を受けて病気などの災いがもたらされるといいます。

『杖のみたま』著 吉田巖より

船幽霊、舟幽霊(ふなゆうれい)

船幽霊(ふなゆうれい)は日本全国に伝わる海上のオバケで、船を沈めようとするなどの悪さをする妖怪です。

北海道に伝わる話では、沈没したはずの船が現れ自分たちの船に平行して走りだしたといいます。なんとか港の近くまで帰ってきたところ、大音響とともに消えてしまいました。
その後、お坊さんがお経を唱えると船幽霊は現れなくなったそうです。

ユウレイ船は港へ入っても波一つたたない、安全灯が一般の船と反対になっているなどの見分け方があると伝えられています。

※妖怪の話はこちらに掲載されている内容と異なるものもあります。
※同じ妖怪・似た話がほかの都道府県にも伝わっている場合があります。

※妖怪のイラストはイメージです。

妖怪の都道府県一覧

タイトルとURLをコピーしました