静岡県の妖怪で覚える!都道府県の地理・特産品【日本地図入り】

静岡県の妖怪・伝説タイトル

静岡県にむかしから伝わるご当地妖怪日本地図とイラストで一覧表にして紹介します。
波小僧(なみこぞう)、山男(やまおとこ)、山姥(やまんば、やまうば)、洗濯狐(せんたくぎつね)…。あなたの知っている妖怪や伝説もあるかもしれません。妖怪といっしょに都道府県の特徴や自慢などを紹介しているので、ぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク

静岡県に伝わる妖怪・伝説

波小僧(なみこぞう)

静岡県の妖怪波小僧

波小僧(なみこぞう)は、雨をふらせたり天気を知らせてくれる妖怪。
静岡県浜松市(はままつし)に伝わる話では、陸に上がって弱っている波小僧(なみこぞう)を見つけた少年が海に返してやったそうです。
すると、波小僧が日照り(ひでり)のときに自分の父に頼んで雨をふらせてくれたり、波の音で天気を事前に教えてくれるようになったと言われています。

ピアノ・オートバイ
波小僧伝説がある浜松市(はままつし)では、ピアノとオートバイの生産がさかん。生産量はともに日本一です。

山男(やまおとこ)

静岡県の妖怪山男

山男(やまおとこ)は、日本各地の山中に伝わる、約6メートルの大男の妖怪。
静岡県浜松市(はままつし)では、山奥に住む鬼のような大男がおり、山の仕事をする人たちの木の束を背負ってふもとまで運んでくれたと言われています。
また、あるときに病人が出たので医者を呼びに行った男が途中で谷に落ちてしまいました。そこへ山男があらわれ、男を背負って医者の所まで送ってくれました。男は山男にお礼のお酒を持って行ったと伝えられています。

ダイダラボッチ

静岡県の妖怪ダイダラボッチ

ダイダラボッチは、日本の各地で山や湖沼を作ったという伝説が残る巨人です。
静岡県では、ダイダラボッチが滋賀県の土を掘って琵琶湖(びわこ)とし、その土を盛って富士山を作ったと言われています。また、山に座ってお弁当を食べたとき、浜名湖(はまなこ)に投げ捨てた小石が島になったと伝えられています。

静岡県三保の松原の富士山

富士山(ふじさん)

富士山(ふじさん)は日本で一番高い山。高さはおよそ3776メートルで、山梨県と静岡県にまたがっています。

静岡県にある美保(みほ)の松原(まつばら)は7kmにわたる海岸線(かいがんせん)で、約3万本の松が植(う)えてあります。駿河湾(するがわん)ごしの富士山や伊豆半島(いずはんとう)の美しいながめで有名で、世界遺産(せかいいさん)に登録(とうろく)されています。

浜名湖(はまなこ)
静岡県にある浜名湖(はまなこ)はウナギの養殖(ようしょく)がさかんです。ウナギをつかったおかしもお土産(みやげ)として人気です。

山姥(やまんば、やまうば)

静岡県の妖怪山姥

山姥(やまんば)は山の奥深くに住み、人を食べると言われている妖怪です。
静岡県には山姥伝説が多く残されていますが、足柄山(あしがらやま)に伝わる山姥は、絵本に出てくる『金太郎(きんたろう)』の母、八重桐(やえぎり)だと言われています。

平安時代に記(しる)された『今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)』によると、金太郎は赤い竜と山姥の間に生まれた子です。足柄山で源頼光(みなもと の よりみつ)に見いだされて家来(けらい)になり、坂田公時(さかたのきんとき)と名付けられました。

その後、公時は頼光四天王(よりみつしてんのう)の一人として、酒天童子(しゅてんどうじ)や土蜘蛛(つちぐも)などの妖怪退治(ようかいたいじ)で活躍(かつやく)したと伝えられています。

洗濯狐(せんたくぎつね)

静岡県の妖怪洗濯狐

洗濯狐(せんたくぎつね)は、夜になるとザブザブと音をたてて洗濯(せんたく)する狐(きつね)の妖怪。
静岡県浜松市に伝わる話では、夜の川辺でザブザブとなにかを洗う音が聞こえてきたそうです。見ると、一匹の狐が洗濯をしていたそうです。

『静岡県伝説昔話集』著 柳田国男より

※妖怪の話はこちらに掲載されている内容と異なるものもあります。
※同じ妖怪・似た話がほかの都道府県にも伝わっている場合があります。

※妖怪のイラストはイメージです。

妖怪の都道府県一覧

タイトルとURLをコピーしました