山形県の妖怪で覚える!都道府県の地理・特産品【日本地図入り】

山形県の妖怪・伝説タイトル

山形県にむかしから伝わるご当地妖怪日本地図とイラストで一覧表にして紹介します。
雪女(ゆきおんな)、鶴女房(つるにょうぼう)、ドロ田坊(どろたぼう)…。あなたの知っている妖怪もいるかもしれません。妖怪といっしょに都道府県の特徴や自慢などを紹介しているので、ぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク

山形県の妖怪・伝説

雪女(ゆきおんな)

山形県の妖怪雪女0

雪女(ゆきおんな)は、雪の降りつもる夜にあらわれる雪の精霊(せいれい)。着物は白く、肌も白く、体は氷のように冷たいのが特徴です。

伝承はさまざまですが、雪女の正体がわかると雪煙(ゆきけむり)や雪となり、姿を消すと言われています。

雪が多い
山形県の冬は雪が多く、全国でも有数の豪雪県(ごうせつけん)です。冬場に強風が吹く庄内平野(しょうないへいや)などの地域では、吹雪が発生することもあります。
雪や吹雪が多いから雪女伝説ができたのかもしれませんね。

鶴女房(つるにょうぼう)

山形県の妖怪鶴女房

絵本などにある『鶴の恩返し(つるのおんがえし)』に登場する、鶴の妖怪。山形県南陽市に伝わる鶴の恩返し伝説は、江戸時代の書物に残されています。

むかし、いじめられていた鶴を助けてやった男がいました。夜、男の家に美しい女がたずねてきて、「妻にしてほしい、働かせてほしい」と何度も男に頼むので、仕方なく女を迎え入れました。その女は織物(おりもの)が上手で、織(お)った布はとても高く売れましたが、布を織っている間は「部屋をのぞいてはいけない」約束でした。

しかし、男は窓のすき間から部屋をのぞいてしまいました。そこにはやせおとろえた一羽の鶴が自分の羽毛(うもう)で布を織っていたのです。男は驚いて声を出してしまい、男に助けられた鶴だと正体がばれた女は織り上げた「おまんだら」を男に渡して消えました。

その後、男はお坊さんになったそうです。
山形県には鶴の毛織物が寺の宝にされていたと伝えられる「鶴布山珍蔵寺」があり、寺の釣鐘(つりがね)には鶴の恩返し伝説が描かれています。

佐藤七右衛門『池黒村付近の伝説私考』より

ドロ田坊(どろたぼう)

山形県の妖怪ドロ田坊

田んぼから上半身を出して「田を返せ」と、ののしる妖怪。
むかし、子どもたちのために一生懸命田を耕して米を作る翁(おきな)がいました。ところが、翁が死んでからというもの、子どもは酒を飲むばかりで田のことは一切しませんでした。さらに他人に田を売ってしまったのです。

それ以来、夜になると田から「田を返せ~田を返せ~」と泥田坊(どろたぼう)が現れるようになったと伝えられています。

米作り
平らな土地と豊かな水にめぐまれた山形県の庄内平野(しょうないへいや)では、米作りがさかんです。山からの豊富(ほうふ)な雪解け水(ゆきどけみず)が最上川(もがみがわ)など多くの川に流れています。

※妖怪の話はこちらに掲載されている内容と異なるものもあります。
※同じ妖怪・似た話がほかの都道府県にも伝わっている場合があります。

※妖怪のイラストはイメージです。

妖怪の都道府県一覧

タイトルとURLをコピーしました